SANKEI

2014.4.28 05:03

東山紀之シャルル7世、“真っ白”有村架純と「化学反応起こす」

 女優の有村架純(21)が、舞台「ジャンヌ・ダルク」(10月から東京、大阪、横浜)に主演することが27日、分かった。初舞台にして、世界的に有名な悲劇のヒロインに挑戦。ジャンヌの運命を左右する仏国王、シャルル7世を演じる東山紀之(47)の胸を借り、100人以上を相手にする合戦シーンなど、迫力満点の舞台に臨む。東山演じるシャルル7世は、当初は弱々しさを指摘されるも、ジャンヌの登場で英国との戦いを制し、国の運命を背負う存在に成長する。昨年の「フランケンシュタイン」など、数々の名作に主演してきた東山は「有村さんの真っ白な魅力と僕が化学反応を起こすことで、今回の舞台がどんな色になるか楽しみ」と期待。「総勢130人で描くという大きな舞台は日本ではあまりがない。そういう意味では自分にとってもチャレンジ。舞台というものは一番、人間力が試される場です」と気合を入れている。

 

有村架純、『ジャンヌ・ダルク』で舞台初出演&主演! 「全力で頑張りたい」

マイナビニュース 4月28日(月)10時17分配信

女優の有村架純が、10月7日から上演される舞台『ジャンヌ・ダルク』で舞台初出演にして初主演を務めることが27日、明らかになった。

本作は、フランスの救世主として神がかりな的な活躍をし、その後わずか2年で儚く散ったジャンヌ・ダルクの生涯を描いた物語。13歳で神の声を聞き、数万のフランス兵を率いて国の危機を救い、19歳で火刑台に送られる過酷な運命を背負ったジャンヌを、有村が演じる。そのジャンヌの宿命の鍵を握るフランス王・シャルル7世役は東山紀之。演出・白井晃、脚本・中島かずき、音楽・三宅純のタッグで舞台化が決定した。本作は、2010年に堀北真希と伊藤英明らのキャストでも上演された。

初舞台に向けて、「全く舞台の経験がないので、今回は白井さん、キャストの皆さんにたくさんのことを学ばせていただきたいと思います」と臨む有村。「大勢のお客さまの前で全力を出し切れた時、どんな新しい自分に出会えるのかが本当に楽しみ」と期待も膨らんでいる様子で、「私なりにやるしかないので、がむしゃらな気持ちで1つの目標に向かっていく姿を見せられたらと思っています」とコメント。「不安もまだありますが、この2014年版『ジャンヌ・ダルク』で、お客さまに感動とパワーを届けられるよう、全力で頑張りたいと思います!」と意気込んでいる。

一方、ここ数年は『英国王のスピーチ』(2012年)、『フランケンシュタイン』(2013年)など舞台俳優としても活躍している東山。主演の有村に「その真っ白な魅力と僕とが化学反応を起こすことで、この『ジャンヌ・ダルク』という舞台がどんな色になるのか。その変化を僕もみてみたいですね」と期待を寄せる。演出の白井氏は、有村の印象を「映像で初めて拝見した時から穏やかながら芯の強さを感じていました。静かなる精神の強靱(きょうじん)さと人を受け入れる寛容さも持ち合わせていらっしゃるように感じました」と振り返り、「強さと受け入れる勇気と優しさ。有村ジャンヌにそのような部分を期待したいと思っています」と語っていた。

本作は、10月7日から24日まで東京・赤坂ACTシアター、11月15日から18日まで大阪・オリックス劇場、11月23日と24日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場で上演される予定となっている。

 

<有村架純>舞台初挑戦で主演に抜てき 共演に東山紀之

まんたんウェブ 4月28日(月)5時0分配信

 女優の有村架純さんが、今秋に上演予定の舞台「ジャンヌ・ダルク」で主演を務めることが28日、明らかになった。有村さんは今回が舞台初挑戦で「どんな新しい自分に出会えるのかが本当に楽しみ。お客様に感動とパワーを届けられるよう、全力で頑張りたい」と意気込んでいる。また有村さん演じるジャンヌ・ダルクの宿命の鍵を握るフランス王・シャルル7世役を俳優の東山紀之さんが務めることも明らかになった。

【写真特集】有村架純のあどけない表情 水着ショットも

 「ジャンヌ・ダルク」は、2010年に女優の堀北真希さんが主演を務め、俳優の伊藤英明さんが出演し、メインキャストのほか、100人ものアンサンブルによる群衆が出演する壮大な歴史エンターテインメントとして上演された。今回は同舞台を手がけた演出家で俳優の白井晃さんと、劇団☆新感線の作家・中島かずきさんが再びタッグを組んで上演される。

 有村さんは「全く舞台の経験がないので、今回は白井さん、キャストの皆さんにたくさんのことを学ばせていただきたい」といい、「私なりにやるしかないので、がむしゃらな気持ちで一つの目標に向かっていく姿を見せられたら」と気合十分。東山さんは「ここまでスケールの大きい舞台は日本ではあまり見たことがない。そういう意味では自分にとってもチャレンジだと思っています」といい、初舞台の有村さんに対して「真っ白な魅力と僕とが化学反応を起こすことで、舞台がどんな色になるのか、その変化を見てみたい」とコメントしている。

 白井さんは、有村さんについて「映像で初めて拝見したときから穏やかながら芯の強さを感じた。静かなる精神の強靱(きょうじん)さと人を受け入れる寛容さも持ち合わせている」と評価。東山さんについては「シャルルが、ジャンヌを通して王としての自覚と強さを獲得していく過程を自分と重ねていただき、普段の東山さんでは見たことのない、弱さと臆病さを描いていただければ。そこから精神の強靱さを獲得していく過程を描いていただければ」と期待を寄せている。

 

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()