帝国劇場で上演されていた堂本光一主演ミュージカル『Endless SHOCK』が、4月30日に大千秋楽を迎えた。

交互出演、アンダースタディもない同一のカンパニーで一人も欠けることなく、博多座から始まり4ヵ月間連続上演、全139回を終えるという類いまれな記録を打ち立てた今回の公演だった。

興奮覚めやらぬ本番直後のステージ上で全出演者、観客が見守る中、堂本、内博貴、神田沙也加、石川直、植草克秀による囲み会見が行われた。


 

【囲み会見】

ーー千秋楽おめでとうございます! 無事終えられていかがですか?

堂本 ありがとうございます。いやぁ、本当に実感が湧かないんですね。稽古含め5ヶ月、皆と一緒にいて、急に明日から会わなくなるんだ、帝劇に来なくなるんだというのが、全っったく実感が沸きません。たぶん明日起きても魂だけは、帝劇に来てると思います(笑)。


 

ーー千秋楽ということで、やはり特別な気持ちでしたか?

堂本 僕は千秋楽が好きじゃないんですね。どうしても淋しい気持ちになってしまうので。だからとにかく平常心でいようと、いつも通りの公演を千秋楽でもやろうと心がけました。


 

ーー長期公演で苦労もあったのでは?

堂本 苦労は僕だけでなく、出演者全員があったと思います。ステージがハードな内容なので、皆が皆どこかしら痛めていたりとかそういうことは絶対にあったかと思います。それをちゃんと自己管理して、誰一人欠けることなく139公演を乗り切ったのは、これはもう奇跡に近いことだと思うんです。作品通り、全員が走り続けた結果だと思います。


 

ーーこのままいけば、森光子さんの『放浪記』に追いつけるのでは?!

堂本 (場内拍手)いやいやいや、『放浪記』は2000回ですからね! これはとてもじゃないけど、無理ですよ(苦笑)。


 

ーーまだ30代で900公演越えてますし、可能性は十分あります!

堂本 今日の公演で938回ですか。東宝さん規定の公演数が2ヵ月で76回なので、もし来年あったら1000回いくわけじゃないですか…ということで、先ほど僕も聞かされたのですが、来年決定いたしました!(場内拍手) 

 

ーー千秋楽を終えたばかりで、もう来年の公演の話ですが。

堂本 あのね、ちょっと訳分かんないですね! でも淋しい気持ちとまた来年に向かっていく気持ちとが共存出来るというのは、僕的にはすごく助かるというか…。来年2月、3月と聞いております。また来年に向かっていこう、という気持ちに切り替えていきたいと思います。


 

ーーロングラン公演で、かなり痩せたのでは?

堂本 それね、聞かれると思って計算しておきました。マックス重い時より4.55(kg)落ちました。博多(公演)でちょっと太ったんですよ。59(kg)までいったんです。いろいろ一緒に食べに行ってた結果だと思うんですけど(笑)。そこから今は、54.45(kg)くらいですね。


 

ーーちなみに植草さんは?

植草 そういうことは、俺には絶対聞かないで(笑)。(場内爆笑)

堂本・内 ハハハ(笑)!

堂本 でも僕より、内の方がたぶんヤバかったですよ。

 そうですね。今、59と60(kg)を行き来するかなってくらいです。

堂本 肉落ちちゃって、もうケツないし(笑)。

植草 (衣装の)シャツとスロープの姿で出てくると、骸骨みたいだもんな(笑)。

 これ以上落ちないくらい、落ちましたね。


 

ーー神田さんは光一さんの恋人役でしたが、ファンの方から嫉妬されたのでは?

神田 全然なかったです。本当にビックリするくらい、温かく迎えていただいて。(場内拍手)

堂本 会場ざっと見てもらえれば分かるように、嫉妬するような年齢じゃなくなってる。(場内大ブーイングに)スッゴ! アハハハハハッ(笑)!

神田 何てこと言うんですか(苦笑)。でも本当に優しく、出待ちとかでも気さくに話していただいて嬉しかったですね。


 

ーーカンパニーについてはどうですか?

神田 お稽古入れて5ヵ月くらい一緒にいますので、劇中と同じように、ファミリーのようなカンパニーの仲間入りが出来たかなと私は勝手に思ってます。(場内拍手)


 

ーー素顔の光一さんは。どんな方でしたか?

神田 優しくて、このまんまです。本当に変わらなくて、今回ご一緒して尊敬する人は堂本光一さんになりました。(場内拍手)

堂本 普段はボヨーンとしてるでしょ?

神田 いえいえ(笑)。

堂本 そう言っていただけると非常に嬉しいですね。神田さんは博多座では足を痛めたりとかあったんですけど、それを表にすることなく、ここまでやってくださいましたし、一緒に走ってくれて僕としても嬉しく思ってます。


 

ーーやはりケガは多かったですか?

堂本 多々、もう多々ありました。隠す気もないです! いっぱいありました!


 

ーー殺陣のシーンでは、間違って当ててしまったこともあったのでは?

堂本 それはもう、しょっちゅうですね。

内 しょっちゅうでしたねぇ。

堂本 もちろん当たらないように稽古してましたが、芝居の中で熱くなってしまうこともあるので。

植草 大したことないです。

堂本 …って、(植草に)出てないです! そこ(殺陣のシーン)出てないですよ(笑)!!

植草 忘れてた、出てたつもりになってた(笑)。


 

ーー植草さんは、少年隊から光一さんに受け継がれた『SHOCK』に出演されていかがですか?

植草 僕は来年のことは聞いてないんで、どうなるか分かりませんけど…、光一が嫌と言えば出ませんので(笑)。

堂本 それは僕も、分からないですよ(苦笑)。

植草 ハハハハハ(笑)! でも僕らもそうでしたけど、完全に光一の『SHOCK』になってますね。後輩の舞台に出て刺激になりましたし、僕も感動するくらい楽しかったです。袖で見てて「頑張れ!」って。

堂本 袖でですか(笑)!? でも一番ストイックなのはやっぱり直さんだと思うんですよね。ずっーと袖で、ずーっとボンボンボンボンて、ずーっと同じリズムで叩いてますから。

石川 夏に向けて、いろいろと…。

堂本 ハハハッ(笑)! こんなギャグも言えるようになりました。ずいぶん直さん打ち解けてくれた、本当に!


 

ーーそれでは最後に支えてくれたファンの方々へメッセージをいただけますか。

堂本 本当にお客様の支えがあってこそ、僕らはステージ上で力を出せると毎回感じております。お客様がいるからこそ、自分を追い込むことが出来るとも思っております。先ほど発表あったように、また来年2月、3月帝劇でやらせていただけるという話なので、ご覧になった方も、まだご覧になってない方も、ぜひ来年、帝劇に足を運んでいただけたらと思っております。とりあえず2012年を支えてくださいまして、ありがとうございました。またお会いしましょう!


 


 

『Endless shock』

作・構成・演出◇ジャニー喜多川

主演◇堂本光一

●1/7~31◎博多座

●2/7~4/30◎帝国劇場


 

【取材・文/桜井麻子】

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()