< 2012年8月31日 19:42 >

   少年隊の錦織一清(47)が31日、都内で行われた三越劇場9月公演音楽劇「恋人たちの神話」(9月12日初日)の顔合わせに出席した。

 今年生誕60周年を迎えるアジアの歌姫、故テレサ・テンさんの名曲をモチーフにした新しいジャンルの演劇。
 演出、振り付けを担当する錦織は、ジャニーズ勢が出演しない舞台を演出するのは本作が初めてで、顔合わせのあいさつで「東山です。『英国王のスピーチ』も滑り出し好調で、安心しています」とメンバーの東山紀之(45)になりきって笑いを誘った。

 報道陣の取材にも対応し、「僕自身、昭和歌謡曲が大好きでね。少年隊も昭和60年のデビューなので昭和歌謡曲の末えいかなと思っているんです。敬意を持って舞台を作らせてもらいたいなって思っていますね」としみじみ。

 テレサさんの楽曲について尋ねられると「この年になってもう1度聞くと、より良さが分かってきた感じがありますね。ドロドロしてきたからでしょうね~」と自虐ネタを披露。とくに好きな曲は「つぐなわなきゃいけないことがいっぱいあってね~。時の流れに身をまかせて生きてると、つぐなわなきゃいけないことがたくさんある!」とうまくヒット曲「つぐない」「時の流れに身をまかせ」を挙げ、報道陣を沸かせた。

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()