東山紀之「事務所不満なし、僕の立場も」

Nikkansports 2013年7月10日14時24分

 少年隊の東山紀之(46)が10日、都内で、主演するNHKドラマ「七つの会議」(13日スタート、土曜午後9時)の会見に出席し、共演の吉田鋼太郎(54)から第2子誕生直前の様子を明かされた。東山は同作品の収録中の5月29日に、妻で女優の木村佳乃(37)が第2子となる女児を出産した。

 会見では、吉田から「いつもNGを出さない東山さんが、珍しく何回もせりふをかんでいたことがあった。二日酔いかと思ったら、後で知ったことですが、第2子のお嬢さんが生まれるか生まれないかの日(28日)だった。芝居どころじゃなかったんだと、人間的なお父さんをかいま見られた」と明かした。監督も「生まれた翌日(30日)は朝からテンションが違った。『何でもやります』と笑顔が耐えなかった」と明かした。東山は、ただただ恥ずかしそうに照れ笑いだった。

 作品は大手電機メーカーの下請けの中小企業を舞台に、隠蔽(いんぺい)と内部告発をテーマにした社会派ドラマ。東山は成績が良くない、うだつの上がらないサラリーマン役。報道陣から会社への不満を持つサラリーマンを演じてどう感じたか聞かれると「今の事務所に不満があるわけではないので、楽しくやってます。これからの僕の立場もあるので」と報道陣を笑わせた。

 

 

 優しい覇気をまとった46歳・東山紀之 


2013年06月11日 15時30分  The Real Live Web

 

ジャニーズの東山紀之が良い意味で「お父さん」になった。先月29日に、女優の木村佳乃との間に次女が誕生したが、子供の存在は大きく彼を変化させたと評判だ。

 ジャニーズの中でもリーダー的な存在なのが東山。「立場が立場だけに、ヒガシさんはクールに決めて、あまり笑顔を見せずにキリッとした立ち振る舞いで、みんなを引っ張っていくという感じだった」と業界関係者。一昨年には長女が。そして5月に次女が誕生したが、「明らかに変わりましたよね。お風呂に入れているとか、オムツを替えているとか、子供の話になると、満面の笑みで話すようになった。それに、子供が生まれてから後輩に対する態度も変わってきた感じ。いままでは下手にヒガシさんに対して冗談を言えるような感じではなかったんですが、そういう後輩も笑顔で受け入れている感じ。いい意味で優しくなりましたね」と同関係者。

 そんな丸くなった性格がドラマなどの現場でも良い方向に出ているとか。「最近は、子役と一緒になる現場もかなりあるんですが、撮影の合間に、そういう子供たちが自然とヒガシさんのところに集まっている。なんかほのぼのしてて、スタッフも楽しく撮影できると評判が上がっていますよ」とあるテレビ局関係者。

 とはいっても変わらないのは体の鍛錬。46歳と中年と呼ばれるような年齢にはなっているが、体がたるんでいる部分などはない。「1日2リットルの水を飲むとか、厳しい食事制限も続いていますが、子供が出来てからは、子供を抱えたまま腹筋するとか、子供を抱えたスクワットとか。子供と一緒に楽しんで筋トレしているそうです」と前出の業界関係者。

 ジャニーズのリーダーとして、役者としても、ひと味変わった東山を見せてくれるだろう。

 

 

白髪東山「あるがまま」

Nikkansports 2013年6月6日7時3分

 東山紀之(46)が5日、主演するNHK土曜ドラマ「七つの会議」(7月13日スタート、午後9時)の都内で行われた取材会に出席し、5月29日、妻の女優木村佳乃(37)との間に生まれた次女について語った。「私事で恐縮ですが、次女も生まれまして。彼女に見せても恥ずかしくない作品にしたいと思っております」。

 

 誕生の当日は、同ドラマの収録休日で立ち会うことができたという。「親孝行な子供だなと。耳は僕に似ていたね。全体的な雰囲気は妻の方に似ていたかな。マイペースな子だよ」。子供つながりで、サッカー日本代表MF本田圭佑(26)が昨秋に生まれた子供を抱えて帰国したことに話が及ぶと、「子供が生まれると責任感が変わってくる。代表のみなさんもさらに強くなるのでは」と共感した。

 

 同ドラマは、大手電機メーカー下請け中小企業を舞台に内部告発を題材にした作品で、東山は営業部課長を演じる。取材会には、吉田鋼太郎、真島秀和、KAT-TUN田口淳之介、石橋凌、長塚京三ら全員が役衣装で出席。東山も劇中同様に白髪姿で登場し、取材陣を驚かせた。

 

 実は年相応に白髪はあるといい、「普段は黒く染めている」と話したが、さらにその上から白く塗ったという。「今の自分を見た時、あるがままを出してみようかと思って。そういうのもおもしろいかなと」。46歳、2児のパパ。私生活の充実は、仕事の充実につながっているようだ。

 

東山紀之、ドラマ会見で次女誕生を報告

 

Nikkansports 2013年6月5日

 東山紀之(46)が5日、主演するNHK土曜ドラマ「七つの会議」(7月13日スタート、土曜午後9時)の取材会を都内で行った。

 先月29日に妻で女優木村佳乃(37)との間に次女が誕生したばかり。「私事で恐縮ですが、次女も生まれまして」とナマ報告。「彼女に見せても恥ずかしくない作品にしたいと思っております」とあいさつした。

 次女が誕生したのは同ドラマの撮影休日だった。「親孝行な子供だなと。夜中3時まで撮影して駆け付けました。疲れているはずでしたが、アドレナリンが出てきて、異常に元気でした」と振り返った。

 東山の同局総合連ドラ主演は、93年大河ドラマ「琉球の風」以来。「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」で知られる直木賞作家、池井戸潤氏の同名小説が原作。大手電機メーカーの下請け中小企業を舞台に、内部告発を題材にした作品。東山は前任者更迭という人事の裏側にある真実を探り、葛藤しながらも内部告発を行う営業部課長を演じる。

 ほか、吉田鋼太郎、真島秀和、KAT-TUN田口淳之介、石橋凌、長塚京三が出席。

 

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()