堂本光一「Endless~」来年は地方公演なし

Nikkansports [2015年11月19日18時32分]

 KinKi Kids堂本光一(36)主演ミュージカル「Endless SHOCK」(来年2月4日~3月31日、東京・帝国劇場)の制作発表が19日、都内で行われた。

CUKX69_UAAAGHeX  

 本作は今年15周年。3月に大型LEDパネルが倒れて出演者らが負傷する事故が発生した。光一は「いろいろと試練の年でした。あってはならない事故を受けて、学ぶことがあったし、みんなの団結もすごく感じました。悔しいけど、あの事故でステージに立つ喜びをあらためて感じました」としみじみと言った。

 また、帝劇公演に続き、近年行っていた大阪、福岡といった地方公演は、来年は開催しないと正式に発表した。「僕自身のスケジュールの都合です。再来年には戻りたいですけど」と残念そうな表情を見せた。「ネタ的におもしろくするのであれば」と前置きした上で「ここ数年、博多座公演で(ジャニーズ事務所社長の)ジャニー(喜多川)さんの誕生日会に行けなかったので、行きたいと思っています」と話し、取材陣を笑わせていた。

 ほか、前田美波里、屋良朝幸が出席。


堂本光一“試練の年”乗り越え成長「団結を感じた」 左肩骨折の前田美波里も復活

2015-11-19 15:28

KinKi Kidsの堂本光一が19日、都内で行われた帝国劇場2016年2・3月公演『Endless SHOCK』製作発表に出席した。今年9月、『SHOCK』通算1300回公演の前にはオーナー役の前田美波里が劇場入りの途中で転倒し左肩を骨折。治療専念を理由に降板を余儀なくされたが、来年の公演では無事、復活することが発表された。

 今年3月の帝劇での公演中には舞台上のLEDパネルが転倒し、計6人が負傷する事故も起こった。光一は「あってはならない事故が起きてしまい、学ぶことがあった。それは僕としては悔しかったですが、あの時はステージに立つ出演者、スタッフの団結をものすごく感じました」としみじみ。

 また前田の降板で再びハプニングに見舞われたが「(代役の)植草(克秀)さんが徹夜でせりふを覚えてくれて、出演者全員朝から集まって確認して、またこういう状況でも成功させようという空気に、団結がうまれた。いろいろあった2015年でしたが、2016年は団結の深まった『SHOCK』をお届け出来れば」と約束した。

 前田の降板後は翌日から47回、少年隊・植草克秀が代役を全う。病院を抜けだして観劇したという前田は「皆さんのことが心配で心配で…でも皆さん素晴らしく、植草さんがやってくださっていつもどおり素晴らしい『SHOCK』でした」といい「本当にいいカンパニー。みんなが一つになる力がすごく強い」と改めてかみ締めていた。

 会見にはライバル役の屋良朝幸も登壇。このほか辰巳雄大、越岡裕貴(2月公演)、福田悠太、松崎祐介(3月公演)、野澤祐樹、諸星翔希、岸孝良、松倉海斗、石川直らが出演する。2016年2月4日から3月31日まで上演される。

 

堂本光一「SHOCK」階段落ちはやめない

2015年11月19日 17:00

KinKi Kids・堂本光一の主演ミュージカル「Endless SHOCK」の2016年開催が決定し19日、都内で会見。2015年公演ではハプニングもあったが、「さらに団結が深まった」

 KinKi Kids・堂本光一(36)の主演ミュージカル「Endless SHOCK」の2016年開催が決定し19日、都内で製作発表会見が行われた。

 2000年の初演以来、現在までに光一が1347回主演を務め、ミュージカルの単独主演記録1位を達成。
 10月31日に博多座で今年の公演が千秋楽を迎えたばかりだが、光一は「もう来年の製作発表なのか、と。でも、気持ちは徐々に高めていかねばならない」と気持ちを切り替え、「2015年は15周年という形でやらせていただいた。僕らとしても、いろいろ試練の年だったと感じています」と振り返った。

 今年は3月19日の帝国劇場公演でLEDパネルが倒れ、出演者ら6人が負傷。9月17日には大阪公演中に女優の前田美波里(67)が劇場入りの途中で転倒して降板するなどハプニングもあった。
 光一は「あってはならない事故が起きてしまいました。美談にするわけにもいかないですけど、事故を受けてやはり学ぶことがあった。ステージに立つ出演者全員スタッフの団結を感じたし、1つのミスも許されない状況で幕を開け、みんなで達成した。いろいろあった2015年なんですけど、本当にいろいろなことをこの舞台から経験させてもらった。さらに団結が深まった『SHOCK』というものをお届けできたら」と話した。

 来年の舞台で復帰することが明らかになった前田も「光一さんがやり続けるならば、どこまでもついて行きたいという気持ち。来年も出られることがとってもうれしいし、15周年にできなかった恩返しをしたい」ときりり。

 作・構成・演出を手掛けるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長も、光一に全幅の信頼を寄せているという。
 光一は「ジャニーさんから最近は『SHOCKに関してはユーにまかせる』という感じでやらせてもらっています。でも、階段落ちは『もうユー、やめなよ!』と言われているけど、『やめへんよ!』と言っています。SHOCKという作品は、僕としてもジャニーさんの作る世界を壊してはいけないという思いでやっているので」と語った。

 2016年2月4日から3月31日まで東京・帝国劇場で。75回公演。

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()