ジャニーズ事務所が、東日本大震災の復興支援プロジェクト「Marching J」(マーチングジェイ)を立ち上げることを発表しました。

同プロジェクトの第1弾として、4月1日から3日間(午前10時~午後5時)、東京・代々木第一体育館前の広場で、SMAP・TOKIO・KinKi Kids・V6・嵐・タッキー&翼・NEWS・関ジャニ∞・KAT-TUN・Hey!Say!JUMPら所属タレントがほぼ全員参加する募金活動が行われます。体育館そばの野外ステージで、タレントが常時10人前後、交代しながらトークを繰り広げ、ジャニーズJr.や研修生が募金箱を持って募金を呼びかけるとのこと。

支援イベントは今後、毎月1回をめどに行われる予定で、5月29日には東京ドームでジャニーズJr.が中心となってチャリティー野球大会を開催することも発表されました。

以下摘錄自FC MAIL情報

代々木会場以外、下記のコンサート会場にて募金箱を設置させて頂く予定です。

『TOKIO LIVE TOUR 2011 +PLUS+ 石川・本多の森ホール公演 4/3(日)』
『タッキー&翼 T&T 2011 SPECIAL LIVE 横浜アリーナ公演 4/2(土)~3(日)』
『山下智久 TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 Super good Super bad 大阪城ホール公演 4/1(金)~2(土)』

その他、今後開催いたします各地のコンサート会場での募金箱の設置に
つきましては、当日会場にてご確認いただけますと幸いです。

また、全国のジャニーズショップ各店(原宿・名古屋・福岡・大阪)にて
4/1(金)より一年間、募金箱を設置させて頂く予定です。

*基於以上,4/1起一年內有機會前往SHOP的朋友,可以考慮直接在SHOP捐款。

SANSPORTS

ジャニーズ総出!復興プロジェクト

 多数の男性アイドルを擁するジャニーズ事務所は29日、全所属タレントが参加する東日本大震災の災害支援プロジェクト「Marching J」の設立を発表した。第1弾の活動として、4月1~3日に東京・代々木第一体育館で近藤真彦(46)、少年隊、SMAPら主要タレントのほぼ全員が参加する募金イベントを開催。同事務所始まって以来初めての大規模プロジェクトで被災地を支援する。

「Marching J」は同事務所のジャニー喜多川社長が命名した。「March」は「行進・前進」を意味し、「J」はジャパンとジャニーズの2つのJを掛けている。

 この日プロジェクトの立ち上げを発表した喜多川社長は、「復興に向けて一緒に歩んでいこう、という意味合いを込めた」と説明した。

 1995年1月の阪神・淡路大震災の際はTOKIO、KinKi Kids、V6の3グループで支援ユニット「J-FRIENDS」を作り、6年間活動した。今回は1962年の事務所創設以来初めてとなる、全タレント参加の一大プロジェクトだ。

 喜多川社長は「それだけの大きな災害だった。皆でまとまって気持ちを1つにして活動する必要がある」と力説。震災発生後、タレント側からも次々と支援活動を希望する意見が出てきたと明かし、「全員で集まってやろうという気持ちになったのはすごいこと」と話した。

 活動の第1弾は4月1~3日の3日間、代々木第一体育館前の屋外で行う募金イベントだ。最年長の近藤から10代の若手まで主要タレントのほぼ全員が同一イベントに参加するのも、同事務所始まって以来のこと。デビュー前のジャニーズJr.勢を含めると、総勢100人以上が参加する。

 「電気を使わず元気を使おう」とのキャッチフレーズで連日午前10時~午後5時の間、タレントはスケジュールが許す限り来場し、トークなどで支援を呼びかける。ジャニーズJr.が自ら募金箱を持つことも。主要タレントの10人前後が常駐するという。

 喜多川社長は「期間は限定せず、1度限りの打ち上げ花火でもなく、毎月のように何らかの活動をやって最後まで続けていきたい」と宣言。アイドル軍団の結束で力強い支援活動になりそうだ。

スポーツ報知

ジャニーズ、史上初の勢揃い!東北のため、83人集合!…4・1から3日間 代々木第一体育館で募金イベント

 近藤真彦(46)、SMAP、嵐らジャニーズタレントが東日本大震災の被災者支援に立ち上がる。アイドル王国のジャニーズ事務所が4月1、2、3日の3日間、東京・代々木第一体育館前の広場で、全タレント参加の募金イベントを行うと29日、発表した。タレントが全員参加するイベントは同事務所では初。プロジェクトを「Marching ジャニーズJapan」と銘打ち、毎月支援イベントを行うことも決まった。

 最年長のマッチからSMAP、TOKIO、KinKi Kids、嵐、タッキー&翼、Hey!Say!JUMPまで、総勢27組83人の人気アイドルたちが、復興に向けて立ち上がった。

 イベントは代々木第一体育館前の広場で、各日午前10時から午後6時(受け付け締め切りは午後5時)まで開催を予定。常時10~15人のジャニーズアイドルたちが入れ替わりでステージに立ち、支援を呼び掛ける。歌などを披露する予定はなく、私服でトークなどを行うという。募金箱はジャニーズJr.や研修生たちが持つ。雨天の場合はホール内に場所を移すことも検討されている。

 イベントは自由参加。ジャニーズ事務所は「30~40万人の来場を想定している」と話すが、ファンクラブ会員だけでも全国で200万人を超えるだけに、さらに来場者数は増える可能性は高い。周辺の混雑が予想されるが、近くの歩道橋を封鎖するなど、厳重な警備態勢を敷くという。ホール運営団体や警備スタッフらもすべてボランティアで参加する。

 タレントたちから「何かしたい」という声が相次ぐ中、ジャニー喜多川社長の鶴の一声で支援プロジェクトが決まった。「明日へともに行進(マーチ)していく」という思いと、地震が起きた3月(マーチ)を掛けてプロジェクトを「Marching ジャニーズJapan」と命名した。「80年生きてきて、こんな経験は(太平洋)戦争中にもなかった。明日をつくるために、みんなが集まらないと復興は間に合わない。日本に生まれてよかったと思いながらやっていかないといけない」とジャニー氏。過去の支援活動は一部のタレントによるものだったが、今回は事務所でも初めてタレント全員が集結した。

 今回の募金イベントをきっかけに、今後は毎月1回をめどに支援イベントなどを行う予定。5月は29日に東京ドームでジャニーズJr.らが中心となって野球のチャリティー試合を行うことが決まった。ジャニー氏は「継続が大事。まずは来年3月に向けた復興を目指し、それ以降も長期的に活動していく」と話した。今回の募金は被災地の子供たちに向けて寄付するという。

 ◆トラック5台と電源車2台提供 ジャニーズではタレント個人でも義援金を寄付しているが、「金額などは公表しない」という。事務所としてもすでに被災地支援活動を行っている。コンサート用の電源車2台が石巻市、大船渡市など電気の通っていない避難所で活躍。また機材用の11トントラック5台を使って、水や衣料品、薬品、生活用品などの救援物資を輸送している。
  電源車は地元自治体の指示で動いており、今後はいまだにライフラインが通らず、厳しい状況が続く陸前高田市や大槌町にも出動する予定。同事務所の救援担当者は「まだまだ電気の通らない所はたくさんあると聞いている。長期戦覚悟で頑張りたい」と話した。

中日スポーツ

史上初!ジャニーズ全員集合 代々木で4月1-3日 募金活動

 ジャニーズ事務所は29日、東日本大震災の被災地支援のため、4月1-3日に東京・国立代々木競技場第一体育館で、所属する全タレント83人を集めて募金イベントを行うと発表した。プロジェクト名は「Marching J(マーチングJ)」。近藤真彦(46)やSMAPら、全タレントが集結するのは史上初。同事務所はこのプロジェクトで毎月イベントを企画し、支援活動を続ける。

 死者・行方不明者が2万人を超える未曽有の大災害を乗り越えようと、ジャニーズのスターたちがひとつになった。95年の阪神・淡路大震災では97年、関西地方出身メンバーがいたTOKIO、KinKi Kids、V6で「J-FRIENDS」を結成したが、今回は史上初の“全員集合”プロジェクトとなる。

 ジャニー喜多川社長は命名理由をこう語る。「多くのタレントが『自分に何かできることはないか』と声を上げた。被災者には『あなた、がんばって』ではなく『あなたと一緒に歩いていく』と言いたい。『行進する』のマーチに、3月(March)にこの災害が起きたという意味も含めた」。Jはジャニーズとジャパンの頭文字だ。

 代々木のイベントではSMAP、嵐などのグループ、近藤真彦らソロアーティスト、俳優専業の生田斗真(26)まで83人が集合。第一体育館そばの屋外ステージで、午前10時-午後5時まで交代しながらトークを繰り広げ、募金を呼び掛ける。さらに100人以上のジャニーズJr.のメンバーが募金箱を持ち、ファンから直接募金を受け取る。

 入場は無料で雨天決行。混乱を避けるため、誰がいつ登場するかは発表しない。ステージには常時10人以上が立つ予定で、複数回登場するタレントもいるという。同事務所は「複数回の入場やタレントの出待ちはご遠慮ください」と、ファンにも節度を持った行動を呼びかけている。

 「マーチングJ」では引き続きチャリティーイベントを毎月開催する予定で、5月29日には東京ドームでジャニーズJr.による野球大会を行う。さらにコンサート会場でも募金を実施する。収益金は「子どもたちのために寄付したい」と喜多川社長。「復興は一刻を争う。1年でどこまで進めるかが大事」との思いから、地震発生の1年後の来年3月11日に、チャリティー活動の成果を発表するという。

 問い合わせはマーチングJインフォメーションダイヤル(電)0180(993)707。

◆「ジャニーズ車」で母娘が再会

 ジャニーズ事務所は被災地支援のため、車体に「ジャニーズ事務所」と書かれたコンサート用の電源車やトラックを提供済み。現地入りしたスタッフによると「離れ離れになっていたジャニーズファンの母娘が、トラックを追い掛けていて再会したこともあった」という。同事務所のファンクラブ会員は全国で200万人超。被災地にも10万人超がおり、避難所からも「コンサートは中止せず延期にしてほしい。それを楽しみに頑張ります」という電話が寄せられているという。

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()