Endless SHOCK首次連續四個月公演+地方公演(福岡博多)

主演:堂本光一 / 出演:内博貴・植草克秀

[博多公演]

●料金(全席指定・税込)
A席/13,000円 B席/9,000円

1月7日~1月31日  福岡博多座 (1999年6月開場,為九州最大的戲劇專用劇場。最多座位1474席)

FC會員抽票:6月底截止,一個會員號碼每場可抽4張,可抽複數場次。

[東京公演] 

2月8日~4月30日 東京帝國劇場

●料金(全席指定・税込)
S席/12,000円 A席/8,000円

sinoday-img600x450-13056052751m7kuq8254.jpg  

 KinKi Kidsの堂本光一(32)が主演する舞台「Endless SHOCK」が、来年1月から4月まで4カ月連続公演を行うことが16日、製作の東宝から発表された。これまで12年連続で東京・丸の内の帝国劇場で上演してきたが、来年は福岡・博多座での上演も決定。今年は東日本大震災で公演が打ち切られた経緯があり、光一は「今年の分を取り返したい」と気合が入っている。

 帝国劇場での単独主演記録回数を更新中(現799回)の光一が、さらなる進化に挑む。
 東宝は同作を来年1月7~31日に福岡・博多座で34回、2月8~4月30日に帝国劇場で105回上演すると発表した。4カ月連続上演は2000年の初演以来初めて。演劇界では99年の森光子(91)主演「放浪記」以来、13年ぶりという異例のロングランだ。

 帝国劇場以外で上演するのは初めてで、地方進出も初。福岡開催について関係者は「韓国や中国に近く、海外上演を見据える時にいい」と世界進出を視野に入れている。見どころのひとつであるフライングができるよう、博多座では数千万円規模の改装工事が行われる。

  堂本は「素敵な劇場。これまで見たくても、遠くて東京に来られなかったお客さまに見ていただくのが楽しみ。帝劇と完全に同じとはいかないが、帝劇のミニ版じゃつまらない。もちろん、階段落ちやフライングなど、これがないとダメと思われるシーンはそのままに、博多でしか見られない演出にしたい。博多座ならではのSHOCKが生まれると思ってる」と意気込んでいる。同作を帝国劇場で3カ月連続上演するのも初めてと、まさに初めて尽くしになる。

 同作は歌と踊りに加えて、激しい殺陣やフライング、約5mの高さから22段の階段落ちなど、極めてハードなステージで知られる。だが光一に躊躇はなかった。都内で取材に応じた光一は、「4カ月連続上演は未知の世界だけど、そういう話をいただけるのはスゴイこと。すぐに引き受けた」と明かし、「体力的にも心配はない」とキッパリ。地方公演についても「念願だった」と喜んだ。

 同作公演中の3月11日、第1幕と2幕の間の休憩時間に東日本大震災が発生。2月5日~3月31日まで76回上演予定だったが、11日以降の計28公演が中止となった。「いろいろな思いが交錯したけど、千秋楽を迎えられず寂しい気持ちは強かった」と振り返り、「楽しみにしていたお客さまにお返ししなくてはいけないし、今年の分を取り返したい」と語った。

  ニューヨークの舞台でショーに青春をかける男を描く同作のテーマは、「SHOW MUST GO ON」で「何があってもショーを続けなくてはいけない」という意味。震災を経験しテーマをより深く胸に刻んだ光一が、来年のロングランステージに役者魂を燃やす。

 

中日SPORTS 2011年5月17日

博多でSHOCK 光一 13年目で初の地方公演

 KinKi Kidsの堂本光一(32)主演の人気ミュージカル「Endless SHOCK」が来年1月、福岡市の博多座で初の地方公演を行うことが16日、分かった。2-4月は従来の帝国劇場で上演するため、初の4カ月連続公演となる。演劇界でも異例のロングランだが、今年は3月11日の東日本大震災の影響で上演中止に追い込まれただけに、光一は「楽しみにしていたお客さんにお返ししなきゃいけない」と固い決意を誓った。

 「日本一チケットが取りにくい舞台」といわれ、名古屋や大阪など各地の大劇場からラブコールを受け続けてきたSHOCK。00年の初演から13年目、ついに初の地方公演が実現する。

 4年ほど前から上演を打診していた博多座に決まった理由について、光一は「帝劇に一番近いサイズ。SHOCKを表現する上で間違いのない大きさだった」と明かす。さらに製作の東宝関係者は「中国や韓国など、外国の方が来やすいグローバルな場所。復興の出発点にもなるのでは」と思いをはせた。

 帝劇ならではの巨大なセットが多いため、博多座に持ち込めるのは9割程度。だが光一は「帝劇のミニ版というのはつまらない。博多座ならではのものを作りたい」ときっぱり。新たな演出について「さっそく何ができるか相談しているくらい。何が生まれるのか楽しみ」と目を輝かせた。

 作.構成.演出のジャニーズ事務所.ジャニー喜多川社長は早くもプランを練っている。「博多なので(博多祇園)山笠を取り人れたい」。博多の夏を700年以上彩ってきた伝統の祭り。「(重要無形民俗)文化財なので今、交渉中です」。博多座を通じて市や福岡県と調整を進めている。これまでのファンも見逃せない華やかな演出になりそうだ。

 博多座もフライングなどに対応するため、数千万円をかけて舞台の天井に穴を開けるなどの改装工事を行う予定という。

 さらに、2-4月は帝劇で上演し、SHOCK史上初の4カ月連続上演となる。昨年は3カ月公演だったが、2-3月、7月と間があいていた。単独主演での4カ月以上の連続公演は、東宝では82、84年の故?森繁久弥さん主演「屋根の上のバイオリン弾き」、99年の森光子主演「放浪記」に続く快挙。しかも高さ8メートルの階段落ち、激しい殺陣などハードな内容を考えれば異例のロングランだ。光一は「まったく未知の世界」と前置きしてから言い切った。

 「最初に話をいただいたとき、すぐに『やりたい』って返事してたんです(笑)。どんなに大変でも、それを上回る達成感があるので、やりきれてしまう。心配ありません」

 そう思ったのは、やはり「3. 11」の衝撃が大きかったからだ。くしくも通算800回の公演日。第2幕が開く直前に震災が発生し、公演中止を余儀なくされた。「3月31日、本当は千秋楽だった。その日が何もなく過ぎていったのがさびしかった。こんなにも穴があいてしまう気持ちというか…。取り返したい、って思いも強いですね」

 ステージに上がれない間、新たなアイデアにも思いをめぐらせた。「自分の中で『こうしたらどうかな』という考えがある。妄想で終わる可能性はあるが、もしそうなったら、音楽的にも新しいシーンになる」。いっぽうで「何年もかけて計算し尽くしてきたので、変えればいいってもんじゃない。変えるなら進化させないと」とも。新たなページを開くSHOCKのため、光一の情熱はさらに高まっている。

 ◆博多座 99年6月にオープンした演劇専用劇場。建設は福岡市、運営は演劇興行会社5社が出資した株式会社博多座が行う公設民営型。歌舞伎、ミュージカル、宝塚歌劇など幅広いジャンルの作品を月替わりで上演する。3階席まである客席は最大1500席で、SHOCKは1334席を予定。光一は03年9月21日、森光子主演「放浪記」の通算1600回の上演を祝福するため、カーテンコールで東山紀之(44)、滝沢秀明(29)とともに舞台に上がった。

 

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()