From TV fan WEB

 舞台「ジャニーズ・ワールド」の囲み取材が12日、東京都内の帝国劇場で行われ、出演者のHey!Say!JUMP(山田涼介、知念侑李、中島裕翔、岡本圭人、有岡大貴、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、薮宏太)、A.B.C―Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)、Sexy Zone(佐藤勝利、中島健人、菊池風磨)が登場した。

 

――いよいよ幕を開けましたが、今日で3日目です。今のところいかがですか?

山田 そうですね…確かな手応えがあります。ジャニーさんが築き上げてきたジャニーズの世界っていうものの、集大成ともいわれているこの「ジャニーズ・ワールド」っていう舞台に、携わることができて光栄に思いますし、ここ3日間大きな失敗もなくやってきてるんで、3カ月間、この調子で、より良いものを一日一日積み重ねていければなと思います。

――先輩の堂本光一さんや亀梨和也さんが演じた場面と同じような場面もありますが、プレッシャーはありますか?

 やっぱりこの歴史のある帝国劇場で、いろんな舞台で3人の先輩方が主演していたので、僕たちも一つ一つのパフォーマンスを、重みをかみしめながら、丁寧にやっています。

――先輩からアドバイスなどはありましたか?

 直接はまだ…お会いしてないです。

山田 でもリハーサルの段階で堂本光一くんが来てくださいまして、夜中の12時ぐらいまでリハーサルを…。

 見てくれました。

山田 それでジャニーさんと2人で「ここはこうした方がいいんじゃないか?」とか、話し合ってくれたみたいですね。

――薮くんはプロデューサー役ということですが、いかがですか?

 いろんな方から「ジャニーさん役なんでしょ?」って聞かれるんですけど(笑)。まあでも、「何があってもショーは続けなければいけない」っていう、ジャニーさんの「Show must go on.」の信念といいますか、毎回毎回、臨機応変に対応しながら舞台をやっていかなきゃいけないってことを思いながら、その役を演じてます。

――お互いにライバル心はあるんですか? 「絶対負けない!」とか…。

 結構山田と言い合うシーンが多いんですけど、そのシーンが多いせいか、昨日の夢で山田とケンカしてる夢を見まして(笑)。ずっとこう言い合ってるんですよ。

山田 朝からなんか話し掛けてこないなぁって思ったら、「ケンカした夢を見て、なんかギクシャクしちゃったぁ~」って(笑)。

――夢の中では仲直りしなかったんですか?

 夢の中で仲直りは…朝起きたら僕、泣いてましたね。

――泣かされてたってことですか?

 山田がずっと「薮ちゃん今日も頑張ろう、頑張ろう」って追い掛けてくるんですよ。

山田 そんなウザいキャラじゃないですからね、皆さん(笑)!

一同 ハハハハハ。

 で、起きたら「はっ!」と思って涙が出てきてて。山田に電話しなきゃと思って。で、朝、バンに乗る時すごい気まずくて、ひと言もしゃべらなかったです(笑)。

――それ、山田さんは言われないと分からないですよね(笑)。

山田 オレ分かんないから、「薮ちゃん、元気ないなぁ」ぐらいに思ってましたけど、はい(笑)。

――このステージは180人と本当にたくさんの人がステージに立ちますが、楽屋と舞台裏はどうなっていますか?

八乙女 もう、すごい大変ですね。「セットが通るよー!」とかスタッフさんも叫んでますし、子どもたちも「僕、通ります!」とか言ったり、声の出し合いがすごいです。

――セットチェンジもすごく多いですね。

八乙女 はい、車のようにセットがバッって入ってくるんで、本当にケガがないようにしてますね。

――楽屋の割り振りとか、どうなっていますか?

八乙女 意外と部屋があるんですよ、帝劇。

山田 結構多くて、はい。

 面白いのが、窓が全部向き合ってるんです。で、全部筒抜けになってて、それでみんなで窓から顔を出して会話とかできるんです。それでグループの垣根を越えて、普通に上と下で会話したりしてますね。

中島(裕) ダメ出しとかもそこで。

――ダメ出しされたんですか?

中島(裕) そうですね、確認とかで。何回か。

山田 なんか、ジャニーズの寮って昔こんなだったんだろうなって感じです。

――まさにジャニーズマンション?

山田 みたいな感じです、ホントに。

 うまいですね(笑)。

――皆さん、練習は相当しましたか?

河合 いや、練習がなくてもできちゃうのが「ジャニーズ・ワールド」です!

一同 ふふ…。

山田 よく言った!

河合 …もっとなんか来るのかなぁと思ったけど(笑)。

 いや、ちょっとは練習してるでしょ(笑)?

河合 ちょっとはしたけど(笑)。でも本当に日々変更というか、進化してるんで、毎日毎日違うことをやるつもりでやってるんで。

橋本 今日の朝も変更ありましたからね。

 ありましたね。

――そうなんですか、昨日見たのとはまた違うんですか?

橋本 また全然違います!

河合 毎日違いますから。

 そうですね。毎日毎日、より良い舞台を見せようとスタッフさん、出演者一同、本当に向上心が強い舞台となっているので、本当に千秋楽にはどうなっちゃうのかな?って思うぐらい、良い意味で変更が多いですね。

――じゃあもう皆さん、クリスマスもお正月も全部一緒ですね。

一同 そうですね。

山田 全部一緒です。

 寂しくないね!

山田 全然寂しくない!

――3カ月間仲良くやっていく秘訣(ひけつ)はあるんですか?

河合 やっぱあれだろ? クリスマスにプレゼント交換した方がいいんじゃない?

一同 ハハハハ(笑)。

山田 本当楽しいですよ。

河合 いやいやマジでやろうよ!

橋本 いや、やりたいね。

河合 500円ね!

一同 エエエ~ッ(笑)。

河合 500円以内で。ちびっ子もいるから!

山田 ああ~そうね。って、180人みんなで!?

――ちびっ子からももらうんですか?

河合 ちびっ子には…あげます! 中学生以上で。

山田 まあでもね、河合くんとかとっつー(戸塚祥太)とかみんなは年上だからね。1月1日はお年玉をみんなに。ありがとうございます~!

一同 おっ! おっ!

高木 全員に全員に。

河合 マジで!?

高木 マジっすマジっす!

――A.B.C-Zはあげるほうが多いんじゃないんですか?

河合 そうですね、今まで滝沢くんとかから頂いてたので…えっ!年齢なの? デビューした順だべ!?

一同 ハハハハハ(笑)。

山田 いやいやいや、それはズルい(笑)!

河合 違うの(笑)?

山田 違いますよ~(笑)。

河合 …じゃあ明日からは夜ご飯、白米だけにして…(笑)。

 180人全員にお年玉はヤバイね。

一同 ヤバイヤバイ。

河合 ヤバイね、それ。

橋本 すごいね~。

 大玉だな、これ(笑)。

河合 ちょっと考えておきます(笑)。

――アクロバットも迫力がありますが、知念くんの空中ブランコはいかがですか?

知念 そうですね、あの、今までやってたのと違って一人になったんですね。結構それがハードでして、それがもう体に出てきて左頬が腫れてきました。

――え?

橋本 左頬が腫れた?

知念 ちょっと誰かツッコんでよ、「虫歯だろ?」みたいな。

一同 ハハハハ!

河合 知念ワールドだな(笑)。

 オマエの口内事情は分からねぇよ(笑)。

山田 結構みんな、リアルな勢いで心配したんだぞ(笑)。

知念 すいません(笑)。

塚田 あ!

橋本 塚ちゃんしゃべります!

塚田 あの、最後のシーンでみんな上半身裸になるじゃないですか? その時に、一番良いボディーをしてましたね! 知念くんは!

一同 ハハハハ。

河合 どこ見てんだよ! 客席見ろ(笑)!

一同 ハハハハハ!

塚田 稽古の時! 稽古の時!

知念 本当にメンバーとか周りから「おまえは脱がない方が良いんじゃないか?」って言われるぐらい筋肉がついてしまって。

 もう、ベジータみたいです。

橋本 すごいです。

八乙女 背中に腹筋があるのを見たの! 背中に腹筋があるように…。

 それ、背筋!

八乙女 いや、だから、背筋が腹筋みたいに割れてるんですよ!

河合 へえ~。

八乙女 6個ぐらいに! …ハイ!

――山田くんの綱渡りは、本当にドキドキハラハラしますね。

山田 僕自身も、リハーサルの段階で成功したことがなかったんですよ。本当に高い所がダメなんで、怖さにずっと勝てなかったんですけど、やっぱ本番になっちゃうと、高さとか気にならなくなって、割と成功が続いてますね。

知念 なんか足元がさ、いつもより揺れるじゃない?

山田 ああ、そう! 今回ゴムっていうか、なんかあるみたいなんですけど、忘れちゃったんですけど名前、なんかその上を渡るっていう。本当はジャンプとかしたかったんですけど、まあちょっと怖さに勝てず…。まあ3カ月あるんで、いずれ慣れてきたらやっていきたいなって思ってます。

――進化していくわけですね。

山田 ええ。あ~今、あんまり大きいこと言わなければ良かったなって後悔してますけど(笑)。

――全部実現させてますもんね?

山田 まあ頑張っていきたいと思います。ジャニーズなんで!

――最後に山田くんが歌う歌がすごく印象的でした。

山田 どの歌ですか?

橋本 裸の肩!

知念 「裸の少年」じゃない?

山田 あっ! 「裸の少年」ですか?

河合 おまえ、今なんて言った(笑)?

橋本 裸の肩!

一同 ハハハハ!

 いやいや、「裸の肩に銃を下げて…」よ!

河合 歌い出しですよ! 歌い出し!

橋本 オレは歌い出しを言いました!

河合 そうなんだ、分かんなかったゴメン(笑)。

山田 ちょっとシリアスな歌といいますか、今回の舞台でしか歌えないような歌だったので、心を込めて歌わせてもらったんですけど、はい。

――ジャニーさんからアドバイスはありましたか?

山田 やっぱりジャニーさんの世界観って、ジャニーさんに説明してもらわないと分からない部分が僕らにはあるので、そこをちゃんと説明してもらって「これはこういう歌だからこのシーンに入れてみたんだけど、YOUはどう思う?」って言われて、「じゃあちょっとやってみます」って言って、やってみて初めて気付くことが多いので。この「裸の少年」という歌も、何か響くものがあればいいかなって思いますね。聞いていただいて。

――今回、割と古い曲も、皆さんで新たにやってらっしゃいますね。

 ジャニーさんはエンターテインメントの世界でずっと、何十年もやっているので、今まで吸収してきたものは本当に大きいと思うので、それを僕らが再現するのが大変です。でも、一人一人の出演者がジャニーさんのためにやってやるぞ!っていう気持ちが大きいので、ジャニーさんのアドバイスは聞いて、僕たちが絶対それを体現、再現するのが、それが僕たちの役目だなと思いながら毎日やってます。

――ジャニーさんの、ギネス記録認定のお祝いですね。

 そうですね。お祝いしつつ、更新しつつ。

――ファンの皆さんも、世界中からこのステージを見に来たいっていう方がいらっしゃるみたいですね。

山田 そうですね、明後日、ギネス・ワールド・レコーズ会長のアリスタ・リチャード様、ギネス・ワールド・レコーズジャパン社長のフランク・フォーリー様が、本当にお時間のない中、来ていただけるということなので、精いっぱい頑張っていきたいなと、素晴らしいショーをお見せしたいと思っております。

――緊張せずにいつも通りで、という気持ちですか?

山田 いや~、それはムリでしょうね(笑)。

一同 ハハハハ(笑)。

八乙女 ガッチガチになるだろうな。

山田 でも緊張に負けず、頑張っていきたいと思います。

――勝利くんは制作発表の際に、社長からいつも言われる「YOUやっちゃいなよ」の精神にどう応えていくかと言っていましたが、今のところ応えられていますか?

佐藤 僕自身、初舞台なので、全部がその「やっちゃいなよ」に聞こえちゃうぐらいなんですけど。着替えだったり、踊りだったり、フライングもそうなんですけど。いろいろなことに挑戦してるんで、自分なりに高めていきたいなと毎回思っています。

――健人くんもピアノでコラボしてましたね。

中島(健) 大先輩たちと楽器でコラボできるのが本当にうれしくて、この「ジャニーズ・ワールド」に自分が貢献できていること自体が幸せです。

――最後に意気込みをお願いします。

山田 ジャニーさんのギネス記念公演という、ジャニーズの集大成というこの「ジャニーズ・ワールド」という舞台に携わることができて、本当に全員が、ちびっ子Jr.も含めて全員が本当に光栄に思っているので、この3カ月間、ケガなく無事にこの「ジャニーズ・ワールド」の成功につなげていきたいです。歴史に残る舞台を作り上げていきたいと思います。皆さま、応援よろしくお願いします!

一同 お願いします!

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()