終於生了!!

FAX  

東山紀之&木村佳乃夫妻に第1子女児誕生 「命の詩を聞かせてくれました」オリコン 2011年11月05日 16時37分

 少年隊東山紀之(45)と女優・木村佳乃(35)夫妻に第1子となる女児が誕生したことが5日、わかった。2人は連名のFAXで「昨日11月4日、午後10時24分に2534グラムの小さな女の子が命の詩(うた)を聞かせてくれました」と喜びを報告した。

 そして「僕らにとっても希望という名の光となりました」と感動の思いを伝えるとともに「お世話になっている方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも温かく見守っていただけますよう宜しくお願い致します」と綴っている。

 2008年3月の音楽劇『さらば、わが愛 覇王別姫』での共演をきっかけに交際をスタートした東山と木村は昨年10月23日に入籍。今年5月に木村の妊娠が明らかになり、ゴールインから約1年で待望の第1子誕生となった。

東山パパ立ち会い、佳乃スピード出産! サンケイスポーツ 11月6日(日)7時51分

 少年隊の東山紀之(45)と女優、木村佳乃(35)夫妻に4日、待望の第1子となる女児が誕生したことが5日、発表された。

 木村は4日午後10時24分、都内の病院で2534グラムの女児を出産。関係者によると母子ともに健康で、陣痛が始まってからわずか4、5時間のスピード出産だった。夫妻は連名で「小さな女の子が命の詩(うた)を聞かせてくれました。僕らにとっても希望という名の光となりました」と喜びのコメントを寄せた。

 東山は4日夕、都内のテレビ局で番組収録を終えた後、病院に直行し、立ち会えたという。5日はオフで、終日病院に滞在しており、家族3人水入らずで幸せなひとときを過ごしているようだ。

 2人は2008年の舞台共演をきっかけに交際し、昨年10月23日に結婚。今年5月に木村のオメデタが発覚した。夫妻はこれまで「『父性』に目覚めた。子育てに参加することで成長したい」(東山)、「子供には自分の持っている愛情を全部注ぎます」(木村)などと子供好きを明かしており、待ちに待った瞬間となった。

 東山は今月7日に都内で行われる出演映画「源氏物語」の上映舞台あいさつに出席予定で、そこで“ヒガシパパ”の喜びの生声が聞けそうだ
森光子、ヒガシ&佳乃の第1子誕生を祝福 「華やかに育ててください」 2011年11月05日 19時27分
 
 少年隊東山紀之と女優・木村佳乃夫妻に4日、第1子となる女児が誕生したことを受けて、2人と親交のある女優・森光子が5日、祝福のコメントを発表した。森は「新たな息吹に、私の心をつないでもらえる気がして、ありがたく思っています。丈夫で、やさしくて…そして、もちろんお二人のお子さんですから、華やかに育ててくださいね」と喜んでいる。

 女児の誕生直後に電話で報告を受けたという森は「嬉しくて、今日(5日)は皇居のお堀端をドライブしました」と、居ても立っても居られないといった様子。また嬉しさのあまり「立ち寄った喫茶店でかわいい赤ちゃんに出会って、思わずお母さんに『うちも生まれたんですよ!』と言ってしまいました」という微笑ましいエピソードも明かした。
東山、長女誕生後初の公の場で“パパの顔” 誕生の瞬間は「大爆笑」

オリコン 11月7日(月)17時16分配信

 少年隊の東山紀之が7日、都内で俳優・生田斗真の主演映画『源氏物語 千年の謎』の東京プレミアイベント前に、単独会見を行った。今月4日に女優の木村佳乃との間に第1子女児が誕生後、初の公の場登場となった東山は「ちっちゃいですけど、非常に元気のいい女の子が生まれたので、大変ホッとしているところです」とすっかり“パパの顔”。生まれた瞬間については「僕はなぜか大爆笑してしまった」と頬を緩ませた。

 知人から話を聞くなど勉強してから出産に立会ったという東山は「みんなから『その瞬間は泣くよ』って言われてて、でも僕はなぜか大爆笑してしまった。想像や感動を超えて嬉しさが先に立ったみたい」と振り返った。また「今までいろんなものを手にしてきましたが、こんなに大事なものを手にしたことは初めてでした。人生でもかつてない感動味わうことができました」と笑顔をのぞかせた。

 さらに、「僕は耳に特徴があって、めくれ耳。ここが本当に似ていたので、それにも思わず笑ってしまって」と嬉しそうに語り、「(自分の)子どもであることは間違いないけど、なるべく個人を尊重して、レディーとして付き合っていきたい」とキッパリ。名前についてはまだ決めていないといい、「いくつか候補はあるけど、落ち着いて考えたい」と明かした。

 “パパ”東山は、会見前に子どものオムツ替えやってきたと語り、育児については「共同作業だと思う。こんな時代ですけど、なるべくチャレンジしていって、恐れずがんばっていきたいと思います」と力強く宣言。またファンに向けて「さまざまな応援を僕も妻も受けてきた。その思いを、生まれてきた子どもにも向けてくれたらうれしいです。それをエネルギーに、これからも生きていきたい。これからもよろしくお願いします」と感謝の言葉を述べた。

東山紀之、妻の木村佳乃に「よくやった!でかした!」と幸せ絶頂!女児が生まれてから初の公の場に登場!!

シネマトゥデイ 11月7日(月)18時20分配信

 2日、千代田区の東京国際フォーラムで映画『源氏物語 千年の謎』記者会見が行われ、妻の女優・木村佳乃との間に女児が生まれた東山紀之が、報道後初めて公の場に登場、喜びの表情を見せた。この日はほかに、生田斗真、中谷美紀、真木よう子、多部未華子、芦名星、田中麗奈、窪塚洋介、鶴橋康夫監督が出席した。

 劇中で東山が演じた、平安時代中期の権力者・藤原道長は光源氏のモデルになったと言われた人物。今月4日に娘が誕生したことが報道されて以来、初めて公の場に登場した東山は、会見終了後、単独で再び会場に登場。報道陣の取材に応じ、「これだけの俳優の皆さまが集まっている中、厚かましくも、女の子が生まれたことをご報告させていただきます」とあいさつ。東山によると、非常に元気のいい女の子だったとのことで、「僕自身も(出産に)立ち会うことになり、僕の人生の中でも、かつてないほどの感動を味わうことができました」と感無量な表情。

 しかし初めて産声を聞いたときに、実は爆笑してしまったという東山。「本当に小さくて。かつて見たことがないような感じだったので、想像を超えた瞬間でした。だから感動を超えて、うれしさが先にたったみたいですね」と振り返る。さらに愛娘は東山の特徴的な耳が似ていたらしく、それが思わず笑ってしまった原因のひとつになったと付け加えていた。

 45歳でパパになった東山。女性の素晴らしさに改めて感動したようで、「彼女(妻の木村)が努力する姿は素晴らしかった。源氏物語もそうですが、女性は力を持っているし、改めてパワーがすごいと思いましたね」と妻をねぎらう東山。名前はいくつか候補を考えているものの、まだ決めていないとのことだが、「個人を尊重し、レディーとして付き合いたいと思います」とコメント。さらに今日はここに来る前におむつを替えてきたという東山。「ぎこちないと言われるんですけどね」と笑っていたが、「(育児は)共同作業だと思うので、なるべくチャレンジして、恐れずに頑張ろうと思っています」とパパの表情で抱負を語った。

 くしくも東山が劇中で演じた藤原道長は、娘の彰子が一条天皇の子どもを産んだことをきっかけに栄華を極めていった。妻の木村の出産時に「よくやった! でかしたという感じだった」とかけたねぎらいの言葉を振り返ったときの東山の表情は、まるで幸せの絶頂にある道長のようにも見えた。(取材・文:壬生智裕)


<生田斗真>“雲の上”から先輩・東山の第1子誕生を祝福

まんたんウェブ 11月7日(月)20時26分配信

 第1子の女児が誕生した東山紀之さんと生田斗真さんが7日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で行われた映画「源氏物語」(鶴橋康夫監督)の東京プレミアイベントに登場。空中から金色の雲をデザインした特製ゴンドラで登場した主役の生田さんはしきりに照れながら共演者で事務所の先輩でもある東山さんに「この場を借りて、東山さんおめでとうございます。新しい映画の完成と、先輩のお子さんの誕生が重なって、僕としては二重の喜びを感じています」と祝福の言葉を贈った。東山さんは「雲の上の人から言っていただけるなんて、光栄です」とちゃめっ気たっぷりに答え、さらに生田さんを恥ずかしがらせた。

 舞台あいさつには鶴橋監督も登場。観客1500人が見守る中、鶴橋監督はあいさつを終えると、ひときわ大きな声で「東山、おめでとう!」と叫び、会場からは大きな拍手が湧いた。「君たちの婚約、その他で僕らはおびえながら生きてきて、2人を挟んで『源氏物語』は完成に到達しました」と撮影を振り返り、「あんまり景気のいい世の中ではないですが、君のお子さんをスタッフ一同心から祝福します」と東山さんに伝えると、東山さんは「ありがとうございます」と深々と頭を下げていた。

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()