東山紀之 舞台で全裸の入浴シーン挑戦 

001  

Dairy Sports 2012/6/19

 少年隊の東山紀之が19日、英国大使館(東京都千代田区)で行われた主演舞台「英国王のスピーチ」の制作発表に、安田成美、近藤芳正ら共演者と出席した。

 2011年の第83回アカデミー賞で作品賞など4冠に輝いた同名映画の舞台版。冒頭には全裸の入浴シーンがあり、東山は筋力トレーニングで鍛え上げた自慢の肉体美を文字通りの“ガチンコ”披露することを明かした。

 物語は、主人公・ジョージ6世が全裸でバスタブから立ち上がるシーンで幕を開ける。東山は「台本を読みまして『これまさか、僕なのかな!?』と(演出家に)聞いたら、『大丈夫、すぐタオルを持ってくるから』と。全裸からのスタートになりそうですが、クセにならないように頑張ります」と気合を入れた。

 なお、公演は東京が世田谷パブリックシアターで8月24日から9月9日まで、大阪は森ノ宮ピロティホールで9月14日から同17日まで。

Sponichi 2012/6/20

スポーツ報知

東山紀之、舞台で“ガチ全裸”宣言「中学生時代の銭湯以来」

   少年隊の東山紀之(45)が19日、勘三郎にエールを送った。1999年のNHK大河ドラマ「元禄繚乱」で共演して以来、親交があり「ご自身も『試練と思ってこれを乗り越える』と。その時に素晴らしい型破りな勘三郎さんが見られると思う。そうなるように心の中で祈っております」と早期復帰を願った。

 この日は、駐日英国大使館大使公邸で主演舞台「英国王のスピーチ」の製作発表に出席。昨年度の米アカデミー賞で作品賞など4冠を達成した同名映画を舞台化したもの。東山はコリン・ファース(51)が演じた吃音(きつおん)症に苦しむ英国王・ジョージ6世を演じる。舞台は自身がバスタブから全裸で立ち上がるシーンで始まり「人前で全裸になるのは中学生時代の銭湯以来だと思う。(全裸のシーンで)肌色のパンツをはいている人を見て格好いいなと思ったことがないので、ちゃんとやりたい」と“ガチ全裸”を宣言した。また、安田成美は一部週刊誌の夫・木梨憲武との別居報道を否定した。東京公演は8月24日から世田谷パブリックシアターで。

Nikkansports 2012/6/20

東山紀之が舞台で全裸入浴シーン

 東山紀之(45)主演舞台「英国王のスピーチ」(8月24日開幕、東京・世田谷パブリックシアター)の制作発表が19日、東京・千代田区の英国大使館で行われた。周囲の支えと努力で吃音(きつおん)症を克服していくジョージ6世の姿を描く。戯曲が原作で映画版は昨年のアカデミー賞で作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞の4冠に輝いた。

 東山は会見のスピーチで冒頭にバスタブから全裸で立ち上がるシーンがあることを明かした。「肌色のパンツをはくのは格好悪いと思っていたので、ちゃんとやった方がいいと思っています」と一糸まとわぬ姿で演じることを宣言。「見せ場はこれだけじゃないですが」と前置きした上で「全裸からのスタートですが、クセにならないようにしたいと思っています」と笑わせた。劇場のステージと客席が近く、「小さいのは劇場だけで良かったです」と下ネタまで飛び出した。

 妻役は安田成美(45)。夫婦間で大事なことを聞かれると、東山は「お互い思いやることが大事」。安田は「尊敬することも大事。そこから信用も生まれる」と話した。

Massy 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()